東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道の保育園・保育サービスサイト 長谷川キッズライフ

おうちでできる食育「保育園栄養士が考えるHappyレシピ」 おうちでできる食育「保育園栄養士が考えるHappyレシピ」

子ども食堂献立シリーズ~豆腐のごま風味松風焼き~ 2016.11.17

松風焼きはおせち料理の定番、縁起の良い料理です。
この「松風」の名は、能の「松風」というお話に由来しています。
松風という娘が、須磨の浦で恋に落ちますが、その男性が都に帰ることになりました。松風はその男性が帰ってこないことを知りつつ、須磨の浦で踊り続ける。この様子を「松風(待つ風)ばかりで浦さびしい」と表現しました。
一方で、この料理、表面は青のりやごまで飾ってありますが、裏には何もついていなくさびしいので「裏(浦)がさびしい」=「松風」と命名されましたという次第です。
「裏がない」=「隠し事がなく正直な様子」ということで、おせち料理の定番になったのです。
日本料理の風流や奥深さを感じるエピソードですね。

その松風焼きを、子ども風にアレンジしたのが、今回の献立。
豆腐を加えてふわふわに仕上げ、食感のアクセントはたまねぎとれんこん。
日本の伝統の料理を、子ども達の食卓に残したいと思います。
第4回の子ども食堂の献立には、そんな思いもこめました。

太陽の子東大泉保育園 栄養士

--------------------------------------
■材料(4人分)
木綿豆腐 150g(1/2丁)
卵    1個(小さいサイズ)
鶏ひき肉 100g
たまねぎ 25g 
パン粉  大さじ3
白すりごま 小さじ2
しょうゆ 小さじ1/4
みそ   小さじ2
本みりん 小さじ1
トッピング:青のり、白ごま 適宜

■作り方
1、木綿豆腐はザルにあけ、水を切る。
2、玉ねぎ、れんこんは、あらみじん切りにする。(食感が残るように)
3、ボウルにすべての材料、調味料を入れ、よく混ぜ合わせる。
4、オーブンの天板にアルミホイルを敷き、サラダ油(分量外)をぬり、中央に3の生地をおき、厚さ1.5センチくらいになるように全体をならし、アルミホイルの四隅を折って箱型にする。
5、180度に予熱したオーブンで、10~15分焼く。(中に火がとおるまで)
6. 上から青のり、白ごまをふり、さらに3分焼く。
--------------------------------------

pagetop