今、過去最高に「睡眠」が注目されている時代!

だといっても過言はないでしょう。

 

理由はひとつ、睡眠が科学的に解析されるようになり、

睡眠の科学的知見を無視できない時代になってきたから。

 

科学的に証明されてきた「睡眠」の真実を学び、

「子どもの睡眠」をより良く選択していきましょう。

 

 

 

「寝る子は育つ」という言葉通り、

睡眠中に分泌された成長ホルモンによって、

骨や肉体が形成され、子どもたちの健康な成長が実現します。

 

 

 

また記憶力も睡眠の質に大きく左右されます。

およそ90分周期で訪れるレム睡眠の間に、

脳は日中の記憶を整理して定着させていると言われています。

 

 

東北大学のチームが、

5~18歳の健康な子どもたち290名の「平日の睡眠時間」と

脳のMRI「写真」を比較した結果、

睡眠時間の短い子どもほど

脳の「海馬」の体積が小さいことがわかりました。

 

「海馬」は記憶をつかさどる脳領域で、

睡眠不足は脳の働きを低下させてしまっているだけではなく、

脳自体を破壊してしまっている、

もしくは脳の発達を遅らせてしまっている恐れがある

事実がわかりました。

(川島隆太「最新脳科学でついに出た結論「本の読み方」で学力は決まる」青春出版社 2018年)

 

 

一方で、良い睡眠習慣は集中力につながるという

良い影響の報告もされています。

 

 

 

睡眠があなどれないことがよくわかります。

 

 

 

では、どれくらい寝たらよいのでしょうか。

 

全米睡眠財団がすすめる、子どもの理想的な睡眠時間は・・・

4か月~12か月:1日12時間~16時間

1~2歳:1日11時間~14時間

3~5歳:1日10時間~13時間

6~12歳:9~12時間

13~18歳:8~10時間

 

 

一方で日本の0~3歳児の総睡眠時間の平均は、、、

およそ11時間30分。

 

 

いまだに日本の子どもの睡眠時間は、

世界ワースト1or2位。

あなたのお子さんの睡眠時間は理想的ですか?

 

 

▼もっと詳しく知りたい方はこちら▼