マスクの着用や手指消毒、不安なニュース・・・・

子どもたちも日々不安な気持ちが積み重なっているはずです。

 

こんな時ですが、

「こわいね」ばかりでは、気持ちも滅入ってしまい、

子どもたちのストレスにもなりかねません。

 

こわいイメージのウイルスに対して、

少し明るい気持ちでウイルス対策できる方法を考えてみました。

 

 

今流行しているウイルスの感染要因として、

現時点では、飛沫感染と接触感染が主と言われています。

 

飛沫感染と接触感染を防ぐのは、

手洗いはもちろんのこと、手で触れる部分の除菌。

 

手すり・ドアノブ・忘れてはいけないお財布や携帯電話。

知らない間に色んな所を触っています。

 

知らない間にウイルスをお家へも

連れて帰ってきているかもしれません。

でも、ウイルスは目に見えません。。。

 

そこで乳幼児教育の専門家、

一般社団法人キッズライフラボの原園所長のアドバイスを実施!

 

「ウイルスの見える化大作戦」。

目に見えないものを「見える化」!

 

まずは、ウイルスイメージのフリー素材イラストを

ネットで検索し、印刷。

それを子どもと一緒に切り抜き、

子どもと一緒に、過去30分間に触ったであろう所に

ウイルスイメージイラストをテープでペタペタと貼ります。

 

「こんなところも触っていたね」

「お家帰って手を洗う前に触っていたよ!」

こういうところもおそうじしないといけないんだ、

とおそうじの大切さにも再度気づかされました。

 

そうして、ウイルス大行進状態となったお家の中を、

除菌スプレーを使って雑巾で拭いていきます。

 

雑巾で拭くごとに「ウイルスさん、バイバイー」。

除菌され、きれいなお家になって一安心。

 

こんなときだからこそ、少し明るい気持ちで

親子でウイルス対策はいかがでしょうか。

 

▼もっと詳しく知りたい方は▼

くらしスタイル研究所「お家でこどもと、ウイルス見える化大作戦」