東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道の保育園・保育サービスサイト HITOWAキッズライフ

おうちでできる食育「保育園栄養士が考えるHappyレシピ」 おうちでできる食育「保育園栄養士が考えるHappyレシピ」

キッズに大人気!フィリピン名物の【トゥロン】の作り方 2016.11.17

5歳の男の子は、3月のおわりにフィリピンから日本にやってきた。
入園前面接には、まだ寒さが残る中、タンクトップとビーチサンダルで参加。もちろん、日本語はまったくわからない。
環境も違う、ことばもわからない保育園。日本食も初体験で、自宅からお弁当を持参する毎日。
「何でお弁当なの?」「何でおしゃべりしないの?」周囲の子ども達が聞いても、本人はただ黙っているだけ。
「みんなと同じものを食べてほしい」「私たちがフィリピン料理を食べたらいい」とスタッフで話し合い、フィリピンの日を作った。
挨拶はもちろん、フィリピンの言葉で。
そして、その日のおやつはこのトゥロン。
子ども達で一緒にお料理して、一緒に食べる。
子ども達の距離はいっきに近づいて、食事の力を感じた記念のレシピです。

わらべうた幸町保育園 栄養士

----------------------------------
■材料(8個分)
バナナ2本
春巻きの皮 4枚
片栗粉 少々
揚げ油

■作り方
1、春巻きの皮を斜めに2等分に切り、合計8枚にする。
2、バナナは、皮をむき、縦半分、横半分に切り、4等分にする。
3、春巻きの皮でバナナが見えなくなるように巻く。
4、春巻きの皮のまきおわりに、水溶き片栗粉をつけて、しっかりとめる。
5、揚げ油で表面が軽く色づくまで揚げる。
----------------------------------

pagetop