東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道の保育園・保育サービスサイト HITOWAキッズライフ

保育士のおすすめ「読み聞かせ絵本」 保育士のおすすめ「読み聞かせ絵本」

おすすめ絵本シリーズ~おしごと 2018.11.01

11月23日は勤労感謝の日。
「おしごと」について、お子さんと一緒に考えるきっかけになる絵本を、年齢別にご紹介します。
選書は、絵本ナビの磯崎編集長です。

0歳におすすめ
「しごと」
ヘレン・オクセンバリー 作・絵 文化出版局

ご飯を食べる、お風呂に入る・・全部あかちゃんのおしごと。
そうか!あかちゃんもお仕事しているんだと新鮮な驚きがうまれます。
絵をながめるだけでほのぼの、あかちゃんのがんばりを応援したくなります。

1歳におすすめ
「まかせとけ」
三浦 太郎 作・絵 偕成社

パワーショベル、ブルドーザー、ダンプカー。
次々登場するはたらくくるま。
「運んでください」「まかせとけ」のくり返しが頼もしい。
子どもたちが大好きな1冊です。

2歳におすすめ
「バルボンさんのおしごと」
とよた かずひこ 作・絵 アリス館

動物たちが出勤するのは「動物園で、お仕事は、芸をして喜ばせること。
動物園ってそんな場所だったんだ・・という驚きが!
もちろん帰りには、子どもたちを保育園にお迎え。
とよたさんワールドのほのぼのをお楽しみください。

3歳におすすめ
「ゆうびんやさんの ココリさん」
中川 ひろたか 作 市原 淳 絵 講談社

動物たちが暮らす「ハッピータウン」が舞台のお仕事絵本シリーズ。
ココリさんのお仕事は「コケコッコー」に「チリンチリン」。
両方とも大切なお仕事。
ハッピータウンの地図つきで、住人の気分を味わえます。

4歳におすすめ
「おおきくなったら なにになる?」
フランソワーズ・セニョーボ 作・絵 なかがわ ちひろ 訳 偕成社

おおきくなったら なにになる?
船乗り、冒険家、それともペットやさん?
一つ一つのお仕事がとっても魅力的で楽しそう。
何にでもなれる、子どもたちの可能性と夢に気づく1冊です。

5歳におすすめ
「どんぐりむらのぼうしやさん」
なかや みわ 作・絵 学研

どんぐり村の帽子やさん3人が、帽子を売るために町へお出かけ。
買ってくれた帽子をどうするの?
わくわくのアイデアを実現すると・・まさに仕事の醍醐味を味わえる1冊です。

pagetop