東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道の保育園・保育サービスサイト HITOWAキッズライフ

子供の五感を刺激する「学び」と「遊び」 子供の五感を刺激する「学び」と「遊び」

睡眠中の事故にご注意!! 2018.11.19

睡眠中は、夜であれば大人も子どもと一緒に眠っていることも多いため、何か事故があると
重大事故につながってしまうケースも少なくありません。

寝ているときの危険について事故及びヒヤリ・ハット経験がある人は3000人中1316人(43.9%)あり、
それぞれの事例についての回答を基に東京都から「乳幼児の寝ているときの事故防止ガイド」が発行されました。

家の中や移動先・外出先など様々な場所で実際に起きた事例の紹介とともに、事故防止のポイントが記載されています。

危害及びヒヤリ・ハット経験に関する事例のうち、転落に関する事例が1349件と最も多く、そのうち「リビング等の居室」で568件、
「ベット、布団回り・寝具等」で472件と、家の中で多く起きていました。

・寝返りを打てない頃、ソファーに寝かせていたら、足でけって移動し落ちそうになっていた。(0歳児)
・子どもがつかまり立ちのころ、目を離した時にベビーベッドの柵に足をかけ乗り越えようとした。(1歳児)
・枕に巻いていたバスタオルを顔近くにもったまま寝てしまい、首にバスタオルが巻き付いて窒息しそうになった。(2歳児)
(乳幼児の寝ているときの事故防止ガイドから引用)

子どもの成長は大人の想像以上に早く、出来る事が増えて喜びを感じる一方で、ヒヤリ・ハットする機会も増えていきます。
事故予防のために実際のヒヤリ・ハット事例を知り、次の発育段階を見通した環境を整えることが大切です。

pagetop